Overstockの規制されたトークン取引は、独自のICOを立ち上げ

   

Overstockの規制されたトークン取引は、独自のICOを立ち上げ

報道によると、小売大手Overstock.comは、独自のイニシアル・コイン・オファリング(ICO)を新しい規制付きトークン取引で開始する予定だ。

トークンの販売は、米国で有価証券として分類されるトレーディング・トークン専用の最初の市場となり新しい取引所の為の最初のイベントとなる。このサービスは、Overstockの資本市場であるtØの傘下で開始されている。

資金調達の取り組みは、将来サービスの料金を支払うためにユーザーが購入しなければならない、特定のトークンの作成および販売が予想される。

OverstockのCEO、Patrick Byrne氏は、インターナショナル・ビジネス・タイムズ(IBT)に、取引会社の他のトークンとは区別される、いわゆるユーティリティ・コインであり、セキュリティではないと語った。同社は、ICOを通じて「容易に」2億〜5億ドルを調達すると予想しているとByrne氏は述べている。

RenGenとArgon Groupとのジョイントベンチャー、今後の取引は、(ATS)代替取引システムとなり米国証券取引委員会(SEC)および金融業界規制当局(FINRA)の規制に準拠している。

もともとブロックチェーンベースの株式の取引のために開始され、tØはICO使用事例の最近の成長に対応して、規制されたトークン取引を作成するように移動した。

Byrne氏は、すでにSECが規制しているように、IBTに対し、新しいサービスを構築することは自然な過程であり、「合法で合法なものを取り上げ、ブロックチェーンを処理できるように変更した」と述べてる。

追加し彼は:

「合法的にトークンを発行できる企業が1社あるとすれば、それは私たちでなければならない。」
このプラットフォームは、「感謝祭の前に」新しいトークンと共に開始される予定だ。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳