Josh Garzaの判決が来年に先送りになるかもしれない

   

Josh Garzaの判決が来年に先送りになるかもしれない

裁判所の記録によれば、10月の最初に予定されていた秘密犯罪執行責任者のJosh Garzaの判決期限は1月に延ばされる可能性がある。

以前に報告されたように、4つの仮想通貨企業の不正操作の疑いの背後にいるGarzaは、7月に1件の送金詐欺で訴えられた。総額9,182,000ドルの損失を見込んで、最高20年の懲役刑を執行される可能性がある。

しかし今、検察官とJosh Garzaの両者は、さらに半年もの期限を延長しようとしている。

「両当事者は、2017年10月12日に現在設定されているこの問題の判決の継続を共同で要請する。当事者は、この問題の弁護人の様々なスケジューリング義務のために、この請求を部分的に行う。両当事者は、2017年1月まで継続して要求している。」とファイルに記されている。

Garzaは、以前はGAW、GAW Miners、ZenMiner、ZenCloudの運営に起因する請求に対して有罪を認めた。GAWの事業は2015年に倒産し、もはや運用されていない。現在、証券詐欺のためにSECによってもたらされたGarzaに対する別のケースがまだ進行中である。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳