BitLicense 創設者 Ben LawskyがRippleボードに参加

   

BitLicense 創設者 Ben LawskyがRippleボードに参加

Ben Lawsky元財務長官は、BitLicenseの規制上の枠組みを統括していたが、スタートアップRippleの取締役会に加わった。

火曜日からのプレスリリースによるとLawsky氏は、Rippleが社内デジタル資産であるXRPと同様に支払いプラットフォームを進歩させるのを手助けする。

「同社とそのリーダーシップは、国際的な金融システムをより効率的に、より安全に、より公平にすることに情熱を持っている。」彼は声明で伝えた。

Lawsky氏はおそらくBitLicense枠組みを確立したことで最もよく知られているが、2013年と2014年に成立し注目すべきかつ時折論議を呼んでいる規制制度が翌年に始まった。

それ以来、実際にライセンスが与えられたのはほんのわずかで、BitLicenseの取り消しを目的とした依然として積極的な法的努力は引き続き行われている。

そして、2015年に創設された新しいコンサルティング会社がLawsky氏の見通しを高め、かつて業界に助言しようとしていたが、元NYDFSのチーフは主に傍観していた。

しかし、Lawsky氏は先月、ラスベガスで開催されたMoney2020カンファレンスで、イニシアル・コイン・オファリング(ICO)の規制について語り、不正行為の可能性が「ビットコインと暗号エコシステム全体に対する反発」を引き起こす可能性があると述べた。

開示:CoinDeskはリップルの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社である。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 海外ニュース翻訳