香港規制当局、ICOトークンの証券化を警告

   

香港規制当局、ICOトークンの証券化を警告

香港の金融監督当局、証券先物委員会(SFC)は、イニシアルコイン・オファリングまたはICOを通じて発行されたトークンは、有価証券として分類することができると発表した。

声明の中で、規制当局の仲介者の執行取締役であるJulia Leung氏は、SFCが「香港などで資金を調達するためのICO利用の増加を懸念している」と説明し述べた。

彼女は、ICOに関わる人たちは「一部のICO構造が香港証券法の対象となる可能性があることを認識する必要がある。」と警告した。

さらに、区分けが、SFCによると、ICOを超えてトークンを扱うデジタル資産取引にまで拡張される可能性がある。

そのようなトークンの二次取引に関与する一団(例えば、仮想通貨取引において)SFCのライセンス供与および実施要件の対象となる可能性がある。

声明は中国の金融当局からの公式発表がICOを違法と分類し、関連投資の顧客への払い戻しを要求した翌日に公表された。

規制当局は最近、ICOのステータスを有価証券として警告し始めた。

先月、米国証券取引委員会は、デジタルトークンの提供と販売が「連邦証券法の認可[承認]を必要とする要件である」とした。カナダの監督当局はまた、「多くの場合、コイン/トークンは適切に有価証券と見なされるべきである」と述べている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳