米国政府研究ラボエネルギーデータテストにおけるブロックチェーンに注目

   

米国政府研究ラボエネルギーデータテストにおけるブロックチェーンに注目

米エネルギー省の研究機関は、次世代電力網の管理におけるブロックチェーンの適用を検討していることを明らかにした。

先週、米上院エネルギー・天然資源委員会委の発表を受け、Pacific Northwest National Laboratory(PNNL)のマネージャーであるCarl Imhoff氏は、この技術はピアツーピアのやり方でエネルギーを交換する新しい方法を促進する可能性を秘めていると語った。

研究室がこの技術の適用を積極的に検討していることを明らかにし、彼は委員会のメンバーに使えた:

PNNLは現在、DOEや業界のパートナーと協力して、エネルギーなどの新興市場におけるブロックチェーンのような回復力のあるデータコンセプトの最適な使用、決定に取り組んでいる。

ブロックチェーンは、準備された声明で「グリッドの近代化努力の一環となり、分散型発電とストレージシステムを奨励し、新興市場の構築を助けることができる」と説明した。

改造エネルギーシステムにおけるブロックチェーンの可能性は、現在、世界中の新興企業と既存事業者の両方によって検討されており、その地方分権化された性質は、権力の源を配分し、資金を提供する新しい方法を提供している。

さらに、エネルギー省にとってブロックチェーンをまったく知らないわけではない。
1月に、当局はブロックチェインの研究提案を一般に公開するようになった"ブロックチェーンに依存するエネルギーシステムのための斬新なコンセプト"


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 海外ニュース翻訳