日本のGMOインターネット、ビットコイン給料支払いを導入

   

日本のGMOインターネット、ビットコイン給料支払いを導入

日本のウェブ大手GMOインターネットグループは、昨日もうすぐスタッフがビットコインで給与の一部を受け取れるようにしたことを明らかにした。

GMOはGMOインターネット(GMO Internet Co.、Ltd,)内で2018年2月からシステムを導入する予定で、グループ全体と4,000人を超える従業員へ徐々に拡大する予定。

同社はステイトメントで:

「GMOインターネットグループは、グループ全体の仮想通貨に関する取り組みを促進することにより、世界の仮想通貨の発展に貢献する」と語った。

10月GMOは、イニシアル・コイン・オファリング(ICO)の計画を発表し、その新しいトークンは、今後の一連の商品の支払いシステムの一部として使用されると伝えた。

最新の声明によると、新しいシステムは、スタッフが計画の一部としてビットコインを購入できるように、「GMOコイン」と呼ばれるトークンを使用する。

毎月の給与のビットコイン部分の下限を10,000円(約88ドル)、上限を100,000円(882ドル)とし、会社によれば、選択された金額の10%のボーナスを「奨励金」として受け取ることになる。

東京を本拠地とするGMOは、2017年5月に取引所を開設し、最初に仮想通貨スペースに入った。

ウェブホスティングやその他のデジタルサービスを提供する同社は、9月に新たな仮想通貨マイニング事業の開始を発表し、これは2018年前半に開始する予定である。

編集者注:この報告書の中には、日本語から翻訳されたものがある。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳