仮想通貨詐欺は日本で増加している33の事例

   

仮想通貨詐欺は日本で増加している33の事例

日本のコンスーマーリポートは、2017年の最初の7ヶ月間に33件の仮想通貨関連詐欺が報告され、500万ドル以上の損害を表している。

日経と読売新聞の報道によると、国家政策庁(NPA)は、1月から7月の間に詐欺関連窃盗でおよそ7,650万円(710,848ドル)を報告した。これらの苦情のペースは、年が進むにつれて上昇しているように見え、- 上昇する仮想通貨市場に呼応し-7月だけで1730万円が盗難されたと報告されている。

この事例にはビットコイン、etherそして Ripple's XRPなどの仮想通貨が含まれていたといい、今年の報告書の大半はビットコインの盗難に関連しているという。
毎日新聞によると、

「2017年6月までのバーチャル通貨による損害は、Rippleで2960万円で最も多く、続いてビットコインが2930万円近くであった。他の通貨とりわけethereumやNEMの損害賠償額は、それぞれ20万円と10万円となっている」

この記事では、被害者のアカウントの多くには二要素認証が実装されていなかったが、少なくとも3つの口座ではされていた。

2要素認証は、デジタルアカウントにセキュリティの追加を提供し、アカウントにログインする時にデジタルトークンを必要とする。

NPAは仮想通貨の盗難が二要素認証を回避し資金を移転した方法を明らかにしなかった。現在までに特定された資金は回収されていない。毎日新聞によると、警察当局は、盗まれた資金が現金を含む他の形の資金に既に転換されている可能性があると述べた。

開示:CoinDeskはRippleの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社である。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳