中央銀行支援グループ、インドでのブロックチェーンプラットフォームの開始を発表

   

中央銀行支援グループ、インドでのブロックチェーンプラットフォームの開始を発表

インドの中央銀行によって設立された研究グループは、新しいブロックチェーンプラットフォームを立ち上げる計画を発表したという。

設立の詳細は明らかではないが、インド準備銀行(RBI)によって1990年代に設立された銀行開発技術研究所(IDRBT)は、技術の上に一連の銀行関連サービスを作りたいと考えている。

ヒンドゥー・ビジネスラインの報告によると、このプロジェクトは金曜日にIDRBTディレクターのA. S. Ramasastriによる技術賞のイベントで公開された。

「我々はすぐにこのプラットフォームを立ち上げる予定だ」と彼は出席者に語った。

中央銀行の要請を受けて、研究チームは昨年以来、銀行分野のアプリケーションを模索してきた。

1月に発表された報告書では、IDRBTのスタッフは、インドは国の通貨であるルピーのデジタル化の基礎としてブロックチェーンを使用できると提案した。最近の報告によると、この呼びかけは、インド政府がルピーのより大きい宗派を悪化させる計画を進めていることを受けて、この日まで非常に論争の的になっている動きである。

以前に報告されたように、インドの規制当局は2014年以来この技術を学んでおり、国での仮想通貨の可能性の新しいルールについての作業が続けられている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳