ベラルーシ政府、暗号ビジネスの税金を削減

      2018/01/11

爆上げ期待のアルトコイン購入は→Yobit(ヨービット)の登録方法

ベラルーシ政府、暗号ビジネスの税金を削減

ベラルーシ政府は、仮想通貨とブロックチェーンに関する企業の発展を促進することを目的とした新しい法令を可決した。

国営メディア機関のBelTAによると、12月22日ベラルーシのAlexander Lukashenko大統領は、デジタル経済発展令を締結しブロックチェーン(blockchain)のような新興テクノロジーの使用を法的に黙認し、ビジネス活動を誘致するために重要な税制優遇措置を提供している。

この法案は、政府がハイテク・ファイナンシャル・スタートアップの拠点としたいと考えている経済特区であるハイテク・パークの発展を促進する法律案を提唱している現地のIT企業がまとめたものである。

法律の1つの要素は、スマート契約開発、トークン発行、暗号化取引、マイニングに携わる企業に法的基盤を提供するもので、今後5年間は法人所得税が免除される。

法律では、

"売り上げ、利益(収入、収益)とトークンを使ったさまざまな操作は2023年1月まで課税対象と認められていない。”

7月に報告されたように、国の中央銀行はすでに、国内銀行が取引保証システムの一部としてブロックチェーンを組み入れる手段を検討していた。

今日公開された別の報告書では、中央銀行のPavel Kallaur氏は、ハイテクパークが暗号化ビジネスの店舗設立の場としての役割を果たすことに言及した。

「仮想通貨については、デジタル経済発展条例は、ハイテクパークの居住企業が国際取引のために暗号化された通貨を使用することを可能にする。私たちはそれで大丈夫です。」彼はBelTAに語った。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 未分類