ブロックチェーンの相互運用性を高める新しい提携

   

ブロックチェーンの相互運用性を高める新しい提携

3つのブロックチェーンプラットフォームの背後にある企業は異種ネットワーク間の相互運用性を中心とした新たなアドボカシー・グループを発表した。

ブロックチェーンインターオペラビリティアライアンスと名づけられ、その取り組みはAionによって支えられており、ICONとWanchainは、想定されているように異なるブロックチェーン間でより高い接続性を促進するような標準を進めることを奨励している。

「プロジェクト間での共同作業は、相互接続性をブロックするための最高の訓練をセットするのを手伝い、企業や一般の人々に広範な市場導入を促すのに役立つ」ブロックチェーンのスタートアップNucoのCEO、AIONの創業者であるMatt Spoke氏は声明のなかで述べている。

その相互運用性の問題- 独自のコードと経済によって支配される分散型ネットワークの課題 - Linux FoundationのHyperledgerやEnterprise Ethereum Allianceなど、より多くの企業が直面するプロジェクトの取り組みだけでなく、他の標準化活動にも引用されている。

確かに、新しいグループは、ブロックチェーン間の取引や通信の仕方に関する作業を含む、この分野の研究を進めるための時間と労力を費やすことになるだろう。

「この提携の目標は、ブロックチェーンを結びつけ、イノベーションを結集するための世界的に受け入れられる基準を作成することだ」ICON財団の評議員であるJ.H.Kim氏は述べている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 海外ニュース翻訳