フィリピン中央銀行、最初の仮想通貨 取引ライセンスを付与

   

フィリピン中央銀行、最初の仮想通貨 取引ライセンスを付与

報告書によると、フィリピンの中央銀行は、2つのローカルビットコイン取引所にライセンスを付与した。

フィリピンのデイリーニュースペーパー「フィリピンスター」は日曜日に、中央銀行長Nestor Espenilla Jrからの声明を引用して、進展を報告した。

Bangko Sentral ng Pilipinasは、2月に初めて国内取引のルールを発表し、同国の初期の
仮想通貨スペースの基礎を築くことを目指している。しかし、7月下旬に地元のメディアにコメントしたある役人によると、中央銀行は、来る志願者からの関心は比較的低いと見受けられるとした。

週末に金融技術のイベントで講演したEspenilla氏は、中央銀行は規制当局下で取引所を持ち込むことについて積極的に取り組んでいると指摘した。

「軌道が急速に拡大するのが分かる。それは小さな基盤から来ているが、増加している - その為私たちは彼らに登録を要求することにした 」彼は出席者に語った。

エスペニラはまた、地元のビットコイン貿易について、昨年の月間200万ドルの3倍に相当する数字で、1ヶ月に600万ドルもの取引が行われていると報じた。

「我々はそれらを規制する方向に動いている」Espenilla氏は強調した。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳