ビットコイン 損害保険と火災保険を販売!?日本の2つのビットコイン取引所

   

ビットコイン 損害保険と火災保険を販売!?日本の2つのビットコイン取引所

日本では、2つのBitcoin取引所が、取引の失敗をを防止するための保険商品を販売している。

日経のレポートによると、bitFlyerは損害保険商品を提供するMS&AD保険ホールディングスグループの子会社であるMitsui Suitomo Insuranceと協力している。その製品は今日現在存在していると言われている。

別の国内ビットコイン交換所であるCoincheckは、Tokio Marineと日動火災保険と同様の製品リリースを目指している。

正確なポリシーの詳細は現在入手できていないが、製品はデジタル通貨取引に対する信頼を高めることを目的としている。

bitFlyerの場合、技術的な問題のために顧客のトランザクションが行われなかった場合、ビットコインを受け入れる小売業者の損失をカバーすることになる。

「このような損失を単純に負わせられる事を強いられていなければ、より多くの店がビットコインを支払い方法として採用するだろう」と同紙は記している。

この動きは、日本政府がビットコインを一種の法定支払い方法と認識してから数ヶ月後に始まり、これは同国のデジタル通貨取引の監視枠組みを形成する政策転換でもある。

開示:CoinDeskはbitFlyerの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社である。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳