チリの銀行規制当局、R3ブロックチェーンコンソーシアムへ

   

チリの銀行規制当局、R3ブロックチェーンコンソーシアムへ

チリの銀行規制当局がR3分配元帳コンソーシアムに加わった。

南米の銀行部門を監督する2つの組織の1つである銀行と金融機関の監督(SBIF)は、今週のこのプロジェクトへの参加を確認し、企業や政府機関がそのプロセスでこの技術をどのように利用できるかを学びたいと希望している。

規制当局の監督、Eric Parrado Herrera氏の声明によると:

「私たちの時代は、もはや固い近視眼的で短期的な規制は許されない。ブロックチェーンテクノロジに代表される「革命の革命」は、間違いなく金融システムとその利用者に転換点をもたらすだろう。」

注目すべきことに、SBIFは現在までコンソーシアムに参加した唯一の監督当局ではない。4月には、ケベック州の金融監督機関であるAutorite des marches financiers(AMF)が事実認定の一環としてメンバーになったと発表した。

当時、当局の関係者はParrado氏のコメントに同調し、規制当局はブロックチェーンのような新しい技術が潜在的な変化を起こすように知識ベースを広げる必要があると述べている。

「私たちは批評眼を持つために内部の知識を構築し、これらの異なる使用事例を本当に理解する必要がある。」AMFの上級ディレクターのディレクターであるLise-Estelle Brault氏は以前CoinDeskに語った。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳