ジブラルタル、ブロックチェーンスタートアップのライセンス制度を開始

   

ジブラルタル、ブロックチェーンスタートアップのライセンス制度を開始

ジブラルタル金融サービス委員会(GFSC)は、ブロックチェーンを扱うスタートアップのための新しいライセンスを作成する予定。

ロイター通信によると、このライセンスは、ブロックチェーンまたは分散型元帳技術を使用して金銭または資産を送金する企業に適用される。

しかし、リスクと技術革新のNicky Gomez、GFSC責任者は企業はブロックチェーンの使用規制を政府に求めていると述べている。

Gomez氏は次のように語った。

「これは、ブロックチェーンまたは分散型元帳技術を使用する企業向けた、法律で制定された枠組みの最初の例である。」

金曜日に、ジブラルタルはデータの保存と送信にブロックチェーンをどのように使用できるかを合法的に定義する金融サービス(投資と信託サービス)法を改正する先週通過した新しい法律を適用する方法に関する指針を公表する。

CoinDeskが報告しているように、次のステップはDLTプラットフォームを対象とした請求書と、イニシアル・コイン・オファリングを規制する別の潜在的な法案を通貨させること。

ジブラルタル政府のDLTに関する上級顧問、Sian Jones氏は、ロイター通信に対し新しい規制により、企業はより簡単に銀行口座を獲得し、将来の顧客との正当性を確立することができる。

この枠組みの下で、新興企業は一部の資本を保有する必要があるが、正確な金額はその時に応じて決まる。

また、マネー・ローンダリング防止法やテロ資金規制に従わなければならないと同紙は報じている。
Jones氏は、「法律事務所や顧問が企業の設立を支援している」と述べた。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 海外ニュース翻訳