ジェイミー・ディモン氏、再びビットコインを叩く:「価値のない」仮想通貨

   

ジェイミー・ディモン氏、再びビットコインを叩く:「価値のない」仮想通貨

ジェイミー・ディモン氏がもう一度行った。
彼の最近のビットコインの批判を拡大して、JPモルガン・チェースの銀行の最高経営責任者(CEO)は、メディアの報道に再び露出している。

プレスインタビューの新ラウンドでは、ディモン氏はCNBCに、ービットコイン、ethereum、イニシアル・コイン・オファリング(ICO)ーのおかげで、仮想通貨の氾濫が心配だと話した。政府はすぐにこの事象を取り締まると考えている。

このシナリオはきれいではないと予測し、仮想通貨をブラックマーケットとし強制的にユーザーを最終的に投獄すると脅かすだろうとCEOは伝えていると伝えられている。

彼はCNBCに語った:

「今、これらの暗号のものは、まったく新しいものである。人々はそれらが素晴らしいと思っている。しかし、大きくなればなるほど、より多くの政府がそれらを閉鎖しようとしている。」

ディモン氏は、インドの経済タイムズ紙とのインタビューで、今回の考えを世界的な政府が仮想通貨を発行する可能性があるとの考えに具体化した。

「私達はすでにデジタル通貨を持っている...あなたはデジタルルピーを持つことができるので、私はデジタル通貨に反対していない」と彼は言った。

「私はお金の創造と薄くなっている空気からの価値について話している」と彼は続けた。 「政府は今や目新しい物のように見ているが、大きくなればそれだけ目新しさが少なくなる。」

この新しい発言は、先週ディモン氏が公然とビットコインを「詐欺」と呼び、それを取引する従業員を解雇するとした偏向声明に続いている。

とりわけ、ディモン氏はスウェーデンのBlockswater社の市場訴訟において誤った誤解を招く情報を広めていると非難されている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳