シンガポール裁判所、Bitcoinで4,300万ドル以上の論争を棄却

      2018/01/11

爆上げ期待のアルトコイン購入は→Yobit(ヨービット)の登録方法

シンガポール裁判所、Bitcoinで4,300万ドル以上の論争を棄却

書類によると、シンガポール国際商業裁判所は本日、原告が仮想通貨取引所から3,092ビットコインを回収しようとした訴訟を却下することを決定した。

このケースは、今年4月に英国のマーケットメーカーB2C2がシンガポールの仮想通貨取引所Quoineに対して最初に提出したもので、大量のビットコインが含まれているため注目された。3,092ビットコインは当時で370万ドルに相当したが、現在は4,300万ドルに達していると、CoinDeskのBitcoin Price Indexのデータが示している。

裁判所の文書によると、国際裁判官Simon Thorley氏はQuoineに有利な判決を下した、Quoineの契約期間がそのような取引を取り消す権利を保持している間に、B2C2が故意にプラットフォーム上の問題を利用することに同意したからである。

CoinDeskによって以前に報告されたように、B2C2はQuoineが4月に「技術的不具合」と呼んでいたものを捕らえ、3,092ビットコインを309etherで販売し、370万ドルの利益をもたらした。

しかしCoinDeskのBPIによると、当時価格は1,226ドルだったビットコインは、etherトークンの約25倍の価値があった。

Quoineは、マーケットメーカーの行為が市場の公平性に違反したことを理由にB2C2に通知せずに取引をすぐに取り消し、その後3,092ビットコインを回収しようとするB2C2の訴訟につながった。

裁判所の文書によるとThorley判事は、「原告は、その日に取引しようとしていた他のすべての価格(すべてが250倍以上低かった)と価格が完全に一致していないことを知っていたに違いない。」と結論付けた

B2C2とQuoineの両者は、まだコメントのに答えていない。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 未分類