シンガポール中央銀行員:規制当局はICOから学ぶ「義務」を持つ

   

シンガポール中央銀行員:規制当局はICOから学ぶ「義務」を持つ

シンガポール金融中央庁(MAS)の執行官は、イニシアル・コイン・オファリング(ICO)や暗号化通貨の開発が規制当局へのレッスンになると述べている。

MASの金融市場戦略部門のエグゼクティブディレクター、Yao Loong Ng氏は、多くの技術の「投機的な」使用事例については懐疑的だが、規制当局は「潜在的な結果に警戒する信任義務を負う」と述べた。

Edge Marketsが報告したように、NgはICOの「市場投入までの時間」がIPOと比較して優位であることを示した。

彼は伝えた:

「ICOのために白書を書いてその後取引所に上場するプロセスが数日かかることがあれば、それは明らかにわれわれが学ぶことのできるものだ」

Ngは、水曜日のクアラルンプールで開催されたASEANキャピタル・マーケット・カンファレンスでのパネルディスカッションでコメントをした。

このニュースは、先週のマレーシアの証券監督機関から、デジタル資産の機能的利用事例に関する「関連する規制とガイドライン」に取り組んでいるとの発表に続いている。

8月の早い段階で、MASは、投資家がICOやバーチャル通貨関連の投資詐欺に関する潜在的なリスクに慎重になるよう警告する通知を出した。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 海外ニュース翻訳