ウィキペディアの創設者:ICOは「絶対的な詐欺」になりうる

   

ウィキペディアの創設者:ICOは「絶対的な詐欺」になりうる

Wikipediaの創設者は、今朝の新しいインタビュー中、イニシアル・コイン・オファリング(ICO)へ厳しい言葉を投げかけた。

Jimmy Wales氏はCNBCにて話をし、新しいブロックチェーンネットワークのブートストラップと開発に資金を提供するために仮想通貨トークンを販売している多くのICOが「絶対的な詐欺」だと彼は考えているという。

「イニシアル・コイン・オファリングはたくさんある、私の意見では、絶対的な詐欺であり、人々はそのエリアで起こっている事に非常に注意する必要がある。」彼はネットワークに語った。

CNBCによると彼は、そのようなオファリングの背後にある基礎技術は "とても面白い"といい、ブロックチェーンが「私たちと来たる時の為に一緒に来なさい」と言うようになると言っている。

Wales氏のコメントは、米国証券取引委員会(SEC)のJay Clayton氏が過去1週間に発表したものを含め、他のオブザーバーが発行したものを反映している。

Claytonは、今週初めに議会の前で講演すると、詐欺のリスクはペニーストック詐欺の時代よりも悪いと主張した。

"くみ上げて捨てる –それはすべて電子的なので実際にはペニーストックエリアにあるよりも簡単である、そしてそれは不明だ、そして1日の終わりに悪者を捕まえるのは難しい」当時彼はそう伝えた。

SECは、7月に、特定の状況下でデジタルトークンを有価証券のように扱い、「連邦証券法の要件に従う」と指摘し、数ヶ月の間に他の規制当局も同様の声明を発表した。

対照的に、中国や韓国などの他の政府は、資金調達モデルの使用を完全に禁止している。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳