ICO(イニシアル・コイン・オファリング)フランスは流通させる立場に近い

   

ICO(イニシアル・コイン・オファリング)フランスは流通させる立場に近い

フランスは、国内の金融市場の規制当局によれば、トークンの売却、またはイニシアル・コイン・オファリングをカバーするための規則を策定するために迅速に動いている。

先週のビジネス雑誌Challengesと話し、Autorite des marches financiers(AMF)のRobert Ophele社長は、彼のエージェンシーは、ブロックチェーン使用事例に関する規制を正式にすることを目指しており、フランスでの注目度の増加を挙げている。

「この問題については、迅速な立場を取りたい」と同氏は発表した。

ルールがいつ公開されるのかははっきりしないが、明確化する事によりフランスをトークンセールモデルを通じた資本調達を目指すプロジェクトや新興企業をどのように規制するかを概説する最新の国にするだろう。

カナダのような国は中立的なアプローチを取っているが、中国や韓国を含む国々は、資金調達に暗号トークンの使用を禁止している。

インタビューでOphele氏は、規制当局のクリプトカルトフローに関する見解について尋ねられたとき、この技術の使用が課題と機会の両方を提示すると述べている。

彼は伝えた:

"[仮想通貨]は、脱税、マネーロンダリング、テロ資金の調達など、避けたいものすべてを受け入れやすい。しかしこれはまた、世界で迅速かつコストのかからない現金移転のための正当なニーズを満たすものでもある。”

編集者注:この報告書の中のいくつかはフランス語から翻訳されている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳