法人向けアナリストFisco、日本におけるビットコイン債権の発行をテスト

   

法人向けアナリストFisco、日本におけるビットコイン債権の発行をテスト

日本の金融データ提供者とビットコイン交換取引業者は、仮想通貨のデジタル債券をテストしている。
今週初めにブルームバーグが報じたように、Fisco –昨年9月にビットコイン取引を開始し、TechBureauのような他の取引所に投資している - 200ビットコイン相当のテスト債券を発行した。債券は一定期間にわたって発行される債務の一種であり、通常、元本に加えて何らかの形で利息を支払っている。

3年債は、Fiscoの傘下の中のある会社から別の会社に交換され、3年間にわたって3%の収益をもたらすと言われている。

数ヶ月前に日本政府が合法的な支払い手段としてビットコインを認める新しい法令を可決し、法律に署名したことを考えると、日本の企業はこの方向に進むであろうというのはおそらく驚くべきことではない。

同時に、新しい法律は日本の金融監督当局の支援のもとで国内のビットコイン取引をもたらした。

他の企業は、テュートリアル・ネットワークのプライベート・バージョンを通じて100ミリオンユーロの社債を発行したダイムラーを含む、債券を発行するための手段として技術を検討してきた。

ブルームバーグのコメントでは、Fiscoのチーフプロダクトオフィサーである田代雅之氏は、政府からの恩恵を受ければ、収益を生み出す新しい方法につながる可能性があると提案した。

田代氏は、将来的に他の種類の仮想通貨に基づく債務のテストに移る可能性があると提案した。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳