北朝鮮、仮想通貨での攻撃疑惑再び浮上

   

北朝鮮、仮想通貨での攻撃疑惑再び浮上

韓国の情報機関は、北朝鮮のハッカーたちが、この国で最も売買されているビットコイン取引所に対する攻撃をしていると考えている。

今週のBBCの報告によると、Bithumbの従業員の家庭用コンピューターに対する攻撃は、2月にさかのぼる諜報活動の一種になると国家情報院(NIS)は、検察側に正式に証拠を通過させた。

約3万人の個人情報とともに当時、約76億ウォン(699万ドル)の仮想通貨が盗まれた。7月に最初に報告され、データ漏洩は未知数の口座からの資金の枯渇につながったと考えられている。

BBCの報道によると、ハッカーたちは、流出した情報の隠滅と引き換えに60億ウォン(約550万ドル)の身代金を要求していると述べている。

それでも、調査は進行中であり隔絶された事件からは程遠い。10月には、韓国の警察庁の関係者が、4つの異なる取引所の25人の従業員が、今年10回の個別の「スピアフィッシング詐欺」の対象になっていることを確認した。

国家情報院(NIS)はまた、9月に北朝鮮が韓国の他の仮想通貨取引所Coinisに対する攻撃に関与していると疑い、両方の事件が制裁を回避するための調整された取り組みの一部であるかもしれないと考えている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 未分類