分散型トークン取引レーダーリレーが300万ドルを調達

   

爆上げ期待のアルトコイン購入は→Yobit(ヨービット)の登録方法

分散型トークン取引レーダーリレーが300万ドルを調達

0xプロトコルの上に構築された分散型トークン取引所であるRadar Relayの背後にあるチームは、300万ドルのベンチャー資金を調達した。

このラウンドはBlockchain Capitalに率いられ、Batshit Crazy Ventures、Collaborative Fund、Digital Currency Group、Kindred Ventures、Kokopelli Capital、Notation Capital、Reciprocal Ventures、Sparkland Capital、SV Angel、V1.VCも含まれている。

レーダーリレーは、ethereumネットワーク上のERC-20苦情トークンの分散型取引メカニズムとして機能するように設計された0xプロトコル上のハブとして機能することを目指している。0xに結びついたイニシアル・コイン・オファリング(ICO)は、今年初めに2400万ドルを調達した。

レーダーリレーのCEOであるAlan Curtisによれば、この資金は既存のチームを拡大する方向に向っている。

「今は15人がいるが、資金はプラットフォームの拡張、人材の獲得、統合チームの構築に使用される」とCurtis氏はCoinDeskに語った。

レーダーリレーは、現在、分散型のethereumネットワーク上で動作するベータ版をリリースし、ユーザーはBraveまたはMetamaskブラウザー経由でアクセスする必要がある。0xtrackerの記録によれば、最近の日次取引量は約6万〜7万ドルである。

Curtis氏は、レーダーリレープラットフォームは、2018年の第1四半期にベータ開発段階から出る予定であると述べた。

開示:CoinDeskは、Radar Relayの所有権を有するDigital Currency Groupの子会社である。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 未分類