ワシントン 仮想通貨取引ルールが効力を発揮している

   

ワシントン 仮想通貨取引ルールが効力を発揮している

米国ワシントン州では、仮想通貨取引の新しい規制が発動した。

週末に上院法案5031が法律に可決された後、州の送金法は今や取引所に適用され、つまりワシントン州金融機関からライセンスを取得する必要があり、データシステムの第三者監査を提供する必要がある。

とりわけ同法はまた、前年度に取引された通貨の額に結びついた新たな送金元本要件を要求している。

議員達は4月にこの措置を確定し、法案作成作業が完了した数日後に署名しJay Inslee知事の机に送った。

公の記録によると、法律は7月23日の日曜日に発効した。

CoinDeskが以前に報告したように、米国西部州の議員は、1月以来、新興企業のための規制を開発するために働いている。

法案の通過は議論の余地がなかった。仮想通貨取引のPoloniexとBitfinexは、新しい規制を引用して、顧客にサービスを提供することをやめると宣言した。

同時に、ニューヨークに拠点を置くジェミニのような新興企業は反対の行動を起こし、今年初めに顧客にサービスを提供するための承認を得た。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳