メキシコ銀行の総裁:Bitcoinは通貨より商品である

   

メキシコ銀行の総裁:Bitcoinは通貨より商品である

メキシコ銀行の最高幹部は、中央銀行がビットコインを通貨として分類する可能性は低いと考えていると述べた。

地元の報道機関、El Economistaによると、銀行の総裁であるAgustínCarstens氏によると、ビットコインは政府や中央銀行の支援を受けていないため、仮想通貨は既存の通貨の定義を満たしていない。

むしろビットコインは商品として多くのものとみなされるべきであり、「金融システムにおける会計の保証は何もないから」である。

匿名性とサイバー犯罪での使用の可能性のため、Carstens氏はまたビットコインを「サイバーセキュリティの問題」として扱うべきだと主張し、財務革新は奨励されるべきであるが、ユーザーの安全性についても同様に行われるべきであるとした。

知事は、メキシコの技術大学ITAMでの講演中にこのコメントを述べ、知事はfintechの当局での役割を強調し、「金融システムにおける技術開発は、革新だけの結果ではない」、金融当局の規制と並行して行わなければならないとした。

同国の当局は、間もなく、仮想通貨などの金融技術を規制する法案を提唱する、と彼は付け加えた。

メキシコの金融規制は財務省の任務であり、中央銀行は金融政策の責任者であり、金融システムの運営を担っている。2014年にCoinDeskによって報告されたように、メキシコ銀行は、銀行がビットコインを使用することを制限している時点で、デジタル通貨が法的に入札できないことを以前に明確にしている。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳