ブラジルの計画省は、ブロックチェーンのアイデンティティ技術をテストしている

   

ブラジルの計画省は、ブロックチェーンのアイデンティティ技術をテストしている

グローバルテクノロジーの大手マイクロソフト社とethereumに焦点を当てたスタートアップConsensysと協力して、ブラジルの計画、予算管理省は、ブロックチェーンのアイデンティティーアプリケーションをテストしている。

ConsenSysアフィリエイトプロジェクトuPortによって提供される技術を活用 - 「自己主権」のアイデンティティ・システム、ethereumに作られユーザーは自分のデータにアクセスして制御することができる。エージェンシーはこの技術を使用して個人文書の正当性を検証する方法をテストしている。

声明で同省の情報技術責任者、Adriane Medeiros Melo氏は、組織がブロックチェーンテクノロジ-の可能性をテストするのに役立つものとして試用版を構成し、「政府と社会の間に新たな信頼モデルを確立する」ことを目的としているとした。

1962年に設立された計画部の使命は、連邦政府の政策と予算の管理を調整することである。そのようなものとして、その調査は、世界中の機関で行われている記録保管のためのブロックチェーンのより広い調査に沿っている。

最近数週間で、米国国土安全保障省と英国のInnovate UKのような多様な政府機関が、ローカルブロックチェーン開発を強化する目的で同様のプロジェクトを発表した。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳