スイス公立大学がBitcoinを受け入れ始めた

   

スイス公立大学がBitcoinを受け入れ始めた

スイスのルツェルン応用科学芸術大学(University of Applied Sciences and Arts)は現在、ビットコインを受け入れている。

公共施設はビットコインSuisse AGと提携して、学生関連経費の支払いとして仮想通貨を受け入れている。発表によると予想されるように、大学自体はビットコインを扱わない- むしろ、仲介会社が毎週入金をスイスフランに交換する。

「ビットコインSuisse AGは、為替レートの損失や為替変動のリスクを負うことになる。」と大学は記した。

しかし、ほとんどの学生の即時採用は期待していない。発表によると、財政に精通している、またはこの分野で教育を受けることに関心のある人のみが支払い方法を選択することが期待される。

キングス・カレッジ・ニューヨーク、キプロスのニコシア大学、英国のカンブリア大学に続いて、ビットコインを支払いの代わりとして受け入れる最新の公立高等教育機関である。

しかし、これまでのところ、大学がこの技術に向けて示してきた関心を考えれば、おそらく驚くべきことではない。

ルツェルンの研究者は、Zug of Cityが主導しているethereumベースのアイデンティティソリューションを含む、多数のブロックチェーンイニシアティブに関わっている。大学は技術を使用しているスイスの企業や新興企業に専念する非営利のワーキンググループCrypto Valley Associationのメンバーでもある。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳