イギリス金融の番犬がICOに関する声明を発表「非常にリスクが高い」

   

イギリス金融の番犬がICOに関する声明を発表「非常にリスクが高い」

英国金融庁(FCA)は、世界中の規制当局がイニシアル・コイン・オファリング(ICO)に関する正式な警告を発する最新の動きである。

FCAは、ICOが「非常にリスクの高い投機的な投資」であり、ほとんど規制されていないため、いかなる種類の保護も提供できない可能性があることをウェブサイト上に掲載している。

この警告は、投資家達にFCAに詐欺の可能性があると報告するよう促し、分散帳票技術(DLT)の社内調査へのリンクを介して、一般市民が「ICOを促進する基礎技術の潜在的な利益と課題についてもっと知る」べきであると示唆した。

この声明は、米国証券取引委員会(US Securities and Exchange Commission)シンガポール金融監督局、カナダ証券管理者、マレーシア証券委員会、ロシア銀行、中国人民銀行、香港証券先物委員会から出された同様の警告に続いている。

中国の金融監督当局は今月初めにCoinDeskによって完全に翻訳された声明で、ICOを完全に禁止した。


あなたの資産構築に役立つ情報を
完全無料でお届けします。
スマホの方は下の「友だち追加」をタップし
LINEで開いて「追加」をタップ!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
友だち追加



上の「友だち追加」をクリックして
表示されたQRコードを読み取って
友達追加してください。

 - 仮想通貨ニュース, 海外ニュース翻訳